INDEX    RSS    ADMIN

ブログお引っ越ししました。

こんにちは。

イチローの一口馬主レーザービーム

こちらのブログへ移転しましたので、ご報告いたします。
スポンサーサイト

テーマソング16VSカリオンレディ16

こんにちは。


今日はノルマンディー16年産で募集されたタイキシャトル産駒の牡馬2頭


テーマソング16



カリオンレディ16


の比較をしてみたいと思います。


☆テーマソング16(フェルヴィド)
父:タイキシャトル
母:テーマソング
母父:ジャングルポケット
生産:川島正広
募集価格:29000円(1160万円)
厩舎:安田翔伍(栗東)
生年月日:2016年3月19日
毛色:鹿毛


☆カリオンレディ16(オルダージュ)
父:タイキシャトル
母:カリオンレディ
母父:キングカメハメハ
生産:大道牧場
募集価格:24000円(960万円)
厩舎:青木孝文(美浦)
生年月日:2016年4月3日
毛色:黒鹿毛



ちなみに僕はフェルヴィドには出資しています。なので、タイキシャトル産駒はもういいかな~と思っていたのですが、最近になってオルダージュのことが少し気になってきました。それで、じゃあ2頭のことを比較してみようなか~と。

趣味の範囲内でやってることなのでツッコミ所は満載だと思います。
生ぬるい目でご覧下さい。


【1】馬名

☆フェルヴィド

☆オルダージュ


ドロー!

ドッチモカッコイイヨ



【2】募集時カタログ

<テーマソング16>

テーマソング16


<カリオンレディ16>

カリオンレディ16


撮影時期が違うと思うので何とも言えませんが…。

っていうか僕はあまり馬体のこと分からないので、皆さんの参考にしていただければと思います。

ひとつ言えるのは



ドッチモカッコイイヨ


【3】厩舎

☆安田翔伍厩舎(テーマソング16)

☆青木孝文厩舎(カリオンレディ16)


安田翔伍先生は安田隆行先生のご子息です。その部分での期待はもちろんあるのですが、新規開業厩舎なのでまだ分かりません。しかし、転厩してきたケイティクレバーでいきなりクラシックへ参戦できたのは、ある意味で“持ってる”方なのかもしれませんね。

青木孝文調教師は開業2年目。初年度の3勝から今年はすでに4勝と、しっかり勝ち星は伸ばしてきています。
ノルマンディーでは現3歳馬のディオブルネッタや、国枝栄厩舎→堀井雅弘厩舎から転厩してきたソリッドアクシス(引退)を管理されています。

どちらの調教師とも、ノルマンディー的にはお試し期間という感じでしょうか。これで結果を残していけば、今後は(ノルマンディー的には!)いい馬が回される可能性はありますね。



【4】価格

フェルヴィドは17年サマーセールで669.6万円で落札。募集総額が1160万円なので、約490万円の上乗せ。
ただ、オルダージュが17年サマーセール主取りなので直接的な比較は難しいですね…。

一応、どちらの馬もサマーセールでの販売者落札希望価格が「400万円」。
違う生産者さんの馬なので何とも言えませんが、おおまかな馬産地での評価は近いものがありそうです。

オルダージュはノルマンディーが庭先?で購入したと思うのですが、

おそらく

400万<オルダージュ<669.6万円

だったのかなと。



【5】血統


これは少し長くなりそうなのでまたの機会にでも…



何の結論も出ない比較記事でしたが(笑)、今日のところはここまで!


では!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


エーシンヘラ16の可能性と妄想

こんにちは。


早速ですが、一口の出資において、凄く軽くて曖昧なマイルールを2つ儲けています。


①高齢母は避ける

②初仔の牝馬は避ける



あくまで「できるだけ」避けるようにしているのであって、あまりにもデキが良かったり、好きだった父、母の産駒がラインナップに出てきた場合はその限りではありません。

高齢母というのも明確な基準は微妙で…。15歳なのか16歳なのか、はたまた20歳なのか。
現状は17~18歳辺り以上を基準としています(曖昧)。

そして、初仔の牝馬。小さく出ることが多いと言われ、どうもノルマンディーのスタイルに合わない気がします。
検証はしてないので「気がしてる」だけです笑。

以上の2点から、出資候補としていた2頭を断念。
①の理由でキタノシラユリ16、②の理由でハワイアンスマイル16です。

しかし、今後も2頭については様子見を続けます。完全に候補から除外したというよりは、優先順位を下げました。


さて、本題。

そこで(繰り上がりで)優先順位アップしたのがこの仔

エーシンヘラ16


モコモコ


はい、ぬいぐるみ第2号です。
(第1号は例のあいつ)


エーシンヘラ16ですね。

父はヴィクトワールピサ。栄進牧場の生産。
オータムセールにおいてノルマンディーが350万円で購入。
サマーセール主取りからのオータムで上場されノルマンディーが買いました。


とりあえず次の写真を見てください。

エーシンヘラ16サマーセール


エーシンヘラオータムセール


一番最初のモコモコが募集カタログの写真。

次がサマーセール時、そしてその次がオータムセール時。

うん、これを見ると悪くないように見えてきませんか?笑


いい所だけに目を向けると、前躯に力強さがありそう。脚が長め

そして、何より名馬の相と言われる

左後一白

父であるヴィクトワールピサと同じです


こういうオカルト出資もありでしょう。笑



続いて血統。
エーシンヘラ16は3番仔。

初仔は未勝利で2番仔は園田の2戦目で圧勝初勝利。
まだ、母の能力は未知数ですが…全くダメということはないのでしょうか(希望的観測)。

この仔は500キロ以上ありながら、募集動画では鈍重な感じはなし。
夏を超えた頃には凄くいい馬になってる気がするんですよね~…。


エーシンヘラ配合


血統表見てたらWild Riskの8×8・9を見つけたことだけ、ご報告しておきます。


さ、エーシンヘラ16の馬名でも考えましょうか←え


では!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

門別POG~第2次、第3次指名馬紹介~

こんばんは。

前回の記事
門別POGに参加してみた&第1次指名馬紹介

これに続いて第2次、第3次での指名馬をご紹介させていただきます。





アンビートゥン

父シニスターミニスター、母カンシャノキモチの牡馬。生産は辻牧場。
能力検定ではゲート出こそモッサリしていたものの、スピードの違いで先頭に立ち、
スピードの違いであっさり押し切り1着入線。
中止になってしまいましたが、4月18日のスーパーフレッシュチャレンジに登録していたように、
現時点での仕上がりはトップクラスではないでしょうか。
仕切り直しのデビュー戦が楽しみです。


ダイキンボシ

父フリオーソ、母ナントカナルサの牡馬。生産は木村牧場。
母のナントカナルサはあのお方の所有馬かな~と思ったら、あのお方の所有馬でした笑
さて、能力検定の動きですがゲートセンスも良く、水準以上のスピードもありそうです。
これはナントカナルどころかダイキンボシが狙えそうですね~
と言いたくて指名しました(わけではありませんが…)。


ロングメイユーラン

父スマートボーイ、母プリモレディの牝馬。生産はグランド牧場。
能力検定の動き。僕の好きなやつでした。
ゲートは全く出ず後ろから。
しかし、3角から4角のコーナーの加速が凄い。
直線は追っていれば1着入線もあったと思いますが、流してもしっかり伸びて2着入線。
今後の伸びしろも含めて面白い1頭かなと。


エムオーノーブル

父ダノンシャンティ、母オオブタイの牝馬。生産は貞広賢治牧場。
能力検定では完全に遊び遊び走っていましたが、それでも1着で入線と能力の高さを証明。
ダノンシャンティがヘイロークロスでスピード型。母のオオブタイがクロフネのマルゼンスキーの牝系でパワー十分。
うまく噛み合えば上位クラスでもやってくれそうだと思います。


ヤマショウブラック

父ルースリンド、母インマイラヴの牡馬。生産は大北牧場。
これはロマン枠。母インマイラヴの産駒に出資しているので(ラヴノット)その弟がいるなら指名しないわけにはいきません。
ただ、能力検定でも水準以上の動きは見せていましたし能力的にも劣っているとは思えません。


クラファルコン

父ヴァーミリアン、母クラローザの牝馬。生産は倉見牧場。
スターリングローズ産駒の半兄クラバズーカは北海道2歳優駿で3着の実績があります。
能力検定は2着入線も、ラストの直線はしぶとく伸びました。
これは勝負根性がありそうですね~。
多少無理してでも先行して粘り込むスタイルが合いそうです。


ビストル

父アサクサキングス、母ダークエンディングの牝馬。生産は社台ファーム。
指名理由のひとつは社台ファームの生産であること。
社台系からも1頭は指名したいなと思って最後の枠に決めました。
動きもまずまずですし、問題なく上位戦線に繰り出してきてくれることでしょう。






以上、ホッカイドウ競馬デビュー馬限定POGの指名馬をごく簡単に紹介させていただきました。

ご参加者の皆さま、一年間よろしくお願いいたしますm(_ _)m


では!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

門別POGに参加してみた&第1次指名馬紹介

こんにちは。


今日のブログは一口馬主の話題とは打って変わって、


POG


に参加した話です(^o^)


どんなPOGに参加させていただたかというと…

こちら


ホッカイドウ競馬デビュー馬限定POG


「ホッカイドウ競馬デビュー馬限定POG」です。


POG界隈、地方競馬界隈、海外セリ界隈、もちろん中央競馬界隈で超有名な

dskさん

が主催されています。


ルールは実にシンプル。


「ホッカイドウ競馬でデビューする馬限定のPOG」です。

詳細は上記リンクからご覧下さい。


あ、ちなみに僕は地方競馬に関してはほぼド素人。

何の知識もありません…。

ですが、とにかく面白そうだったので無謀にも参加させていただきました!

何とかビギナーズラックで上位に食い込みたいですね;;






続いて指名馬の紹介です。

今日は第1次指名の3頭を。


ラックブルーバード

父スウェプトオーヴァーボード、母ルリビタキの牡馬。生産は社台ファーム。
名前がいい。幸運の青い鳥。ビギナーズラックを狙う僕にしてみれば、まさにピッタリの馬名ですね。
能力検定の開幕戦(?)で1着入線。直線の脚にも余裕がありました。
母のルリビタキは未勝利ですが、オークス馬エリンコートの全妹にあたり、
血統的な背景もしっかりしています。


ラブミージュニア

父ゴールドアリュール、母ラブミーチャンの牡馬。生産は谷岡牧場。
ラブミーチャンに関しては説明不要でしょう。そのラブミーチャンの2番仔です。
正直、この血統を見ただけでほぼ指名は確定。
能力検定でも軽快な動きを見せていたので、お母さんのような活躍に期待しましょう。


イージーナウ

父シニスターミニスター、母プリエミネンスの牝馬。生産はグランド牧場。
能力検定でおっ?と思った1頭。ゲートから若さたっぷり。
だが、それがいい。
あんな状態でも直線はスイスイと走ってるように見えました。
今後の成長を加味しての指名です。
近親に兵庫ジュニアGPを制したハヤブサマカオー。
プリエミネンスの血はまだまだ健在です。


とりあえず、第1次指名の3頭を紹介させていただきました!

ちなみのこの3頭は全て「角川秀樹厩舎」所属です。
(偶然だったことは黙っておきます)

時間がある時に、第2次、第3次の指名馬もご紹介させていただこうと思います。


では!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。