INDEX    RSS    ADMIN

新種牡馬POG紹介

身内POGの1人と一騎打ちで新種牡馬限定のPOGをやっています。

今回の2016-17シリーズで言うなら、ルーラーシップやキングズベスト、
ディープブリランテ、ストリートセンスらが注目の種牡馬ですね。

6頭指名で種牡馬被りはなしというルールです。

以下が自分の指名馬です。

1位 カラル(ルーラーシップ×ナスカ) 牡
2位 ハイレートクライム(ディープブリランテ×スルーレート) 牡
3位 シルヴァーナ(トーセンホマレボシ×クリンゲンベルガー) 牝
4位 ロジセンス(ストリートセンス×シャレーポピー) 牝
5位 ダブルスプリット(アイルハヴアナザー×ハートノイヤリング) 牡
6位 エンドゲーム(キングズベスト×タイキクラリティ) 牡

☆カラル
父はルーラーシップ。
キングカメハメハの有力後継種牡馬で、まさに今年の目玉です。
ノーザンに寵愛されているので、今後も種付け数はそこまで減らすことなく、
しかも大物も出てくるでしょうね~。
母のナスカの産駒にはアロマティコがいます。
ペルースポートの一族なので、基本的には小回りタイプの産駒に出そうです。
ただ、ルーラーシップは明らかに大箱向きなので、そこがどう噛み合うかが重要ですね。

☆ハイレートクライム
父はディープブリランテ。
ディープインパクト最初のダービー馬でしたね。
ダービー以降は力を出し切れませんでしたが、パワフルな走りが魅力でそこが産駒に伝わるといいですね。
母はスルーレートで、ゼンノロブロイとの産駒に札幌2歳で3着したハイアーレートがいます。
ディープとフレンチデピュティはが好相性なので、ブリランテ×フレンチデピュティも走る可能性はありますね。

☆シルヴァーナ
父はトーセンホマレボシ。
この馬はやはり京都新聞杯でのレコード勝利が素晴らしかったですね。
ディープ産駒の中ではスピードに長けた馬でした。
母はクリンゲンベルガー。
自身に目立った実績はありませんが、しっかりとした牝系なので堅実に走ってくれることに
期待しています。

☆ロジセンス
父はストリートセンスで、母はシャレーポピー。
ロジセンスの指名理由はデビュー前の動きの良さでした。
斜行はありましたが、新馬勝ちしてくれたので良かったですね~。
次走は中京2歳ステークスらしいですが、結構いいメンツが揃いそうです(^^;)

☆ダブルスプリット
父はアイルハヴアナザーで、母はハートノイヤリング。
アイルハヴアナザーは総帥がべた褒めしていましたが、現状苦戦している印象です。
まあ、まだ始まったばかりですからね(´∀`*;)ゞ
この馬もデビュー前の動きが良くて指名。
すでに2戦走っていますが、1400mで4着3着。
1200mで見てみたいと思っていますが、もちろんダート替わりも魅力的ですね。

☆エンドゲーム
父がキングズベスト、母がタイキクラリティ。
兄にクラリティシチー、クラリティスカイがいる血統です。
キングズベストはすでに日本で実績がありますし、期待度は高いですね。
今週の中京芝1600mでデビュー予定です。

まずまずは楽しめそうな6頭となったんじゃないでしょうか~(^^)
スポンサーサイト

ホクトスルタンの話

名馬シリーズ第2弾。

第1弾は先日引退した「ドゥラメンテ」でしたが、
第2弾は「ホクトスルタン」。

ホクトスルタンは父がメジロマックイーン、母がダイイチアピール
メジロマックイーンは言わずと知れた名馬ですね。
ダイイチアピールはファンシミンの牝系で、主な活躍馬としてはダイナフェアリーローゼンカバリーなどがおり、
所謂社台の名牝一族ですね。

この馬にとって語ることはいろいろありますが、やはりメジロマックイーンの産駒ということで、
「天皇賞4代制覇」が期待されたことですね。

メジロアサマメジロティターンメジロマックイーンと3世代連続で天皇賞を制覇する偉業を成し遂げており、
メジロマックイーン産駒が数少ない中で、ホクトスルタンが「夢の続き」を見せてくれるのではないかと
特に古い競馬ファンの期待が集まっていました。

3歳の阿寒湖特別から名手・横山騎手が主戦となり、神戸新聞杯4着、菊花賞6着と重賞戦線でも
存在感を見せるようになります。
4歳初戦のサンシャインステークスを制した後、天皇賞(春)へと駒を進めますが、惜しくも4着に敗戦。

その次の年も天皇賞(春)へ出走することはできましたが、あえなく15着と大敗してしまいました。
実際、この頃はどうも実力に陰りが見えてきたような感じがしていましたね。

それ以降はオープンクラスで力を見せる一方で、天皇賞出走の文字は徐々に遠ざかる一方…。
芝戦線で頭打ちをしてからは障害レースに目を向けますが、最後はレース中のケガにより安楽死処分。

個性派ステイヤーとして名を馳せ、あっという間に終わってしまった馬生。
最後は本当に残念でしたが、自分にとってまぎれもなく「名馬」と呼べる一頭でした。

ロードへの出資を心に決めました!

ロードサラブレッドクラブが現在行っている「新規入会金無料キャンペーン」に乗っかって、
書類に必要事項を記入しているところです。
いよいよ本格的な一口馬主生活が始まろうとしています。

とは言っても、2015年産駒なのでデビューは来年ですが…(^^;)

目玉のディープインパクト産駒やロードカナロア産駒にもいい馬はいたのですが
ディープ産駒は高額ですし、ロードカナロア産駒もどうもビビッときませんでした。

そこで注目したのがヘニーヒューズ産駒の「フェリス'15」です。

ヘニーヒューズ産駒と言えばモーニンアジアエクスプレスのGⅠ馬2頭を始め、
ケイアイレオーネヘニーハウンドサウンドボルケーノら少ない産駒の中から
多くの活躍馬が出ています。

基本的なキーワードとしては「ダート」「牡馬」ですね。
ただ、アジアエクスプレスは芝でGⅠを勝っていますし、ヘニーハウンドも芝で活躍をしました。

フェリスの15はハッピートレイルズ牝系で、シンコウラブリイハッピーパス
そのハッピーパスの仔でコディーノチェッキーノ
シンコウラブリイの仔でトレジャーロードクロノス
他にもレディーミューズやその仔のシンメイフジなど、本当に活躍馬が多い一族ですね。

この一族はケイアイファームの宝と言っても過言ではなく、大事にされていますね。

ヘニーヒューズの打率の高さ、そしてハッピートレイルズ牝系。
いい条件は揃っているので一発あっても不思議はないと思うんですが…。

まずは、新規100口で当たるといいですね。

ラニが来年も海外を主戦場に!?

今年はケンタッキーダービー、プリークネスステークス、ベルモントステークスと、
日本調教馬として初めてアメリカ牡馬3冠に全て参戦したラニ

勝つことはできませんでしたが、ベルモントステークスでの3着など見事日本馬の力を証明してくれましたね。

そんなラニが来年も海外の大レースに照準を合わせているみたいです。


主な目標レースとしては以下の2つ。

ドバイワールドカップ
ブリーダーズカップクラシック

ドバイワールドカップは以前にヴィクトワールピサが制したレースとしても有名ですね。
その時はオールウェザー馬場でしたが、現在はダートに戻っています。
世界最高の賞金を誇るレースで世界レベルの馬が続々参戦してきます。

そしてブリーダーズカップクラシック。
まさにアメリカ最高峰のダートレースで、ダート界の頂点が決される一戦です。

成長力のある血統なので、来年は更にパワーアップしたラニが見られるかもしれませんね。

その前に今年秋は、中京競馬場で開催されるチャンピオンズカップに参戦します。
まずはそこで実力を披露していただきたいですね~。

7月17日(日)函館記念注目馬

7月17日(日)は函館競馬場で函館記念が開催されます。

オツウ 牝6
ケイティープライド 牡6
ダービーフィズ 牡6
ツクバアズマオー 牡5
トーセンレーヴ 牡8
トゥインクル 牡5
ネオリアリズム 牡5
バイガエシ 牡4
ファントムライト 牡7
フェイマスエンド 牡5
ホッコーブレーヴ 牡8
マイネルフロスト 牡5
マイネルミラノ 牡6
マテンロウボス 牡5
マデイラ 牡7
レッドレイヴン 牡6

以上16頭が出走を予定しています。

まず注目はレッドレイヴン
今年は3度目にしてついに巴賞を制覇。
重賞クラスでは苦戦が続いていますが、今回の函館記念では堂々たる主役でしょう。
同じく巴賞組からはマテンロウボス(2着)、ツクバアズマオー(3着)らもスタンバイ。
巴賞ではレッドレイヴンに差を開けられてしまっただけに、どこまで差を縮められるかに注目したいですね。

トゥインクルファントムライトは天皇賞(春)からの参戦です。
ともにGⅢなら十分通用する実力を持っているだけに、巻き返しは可能でしょう。

他ではマイネルミラノマイネルフロストの“マイネル軍団”も上位陣を形勢してきそうですね。

穴党として注目したいのはダービーフィズです。
小回り2000mは適条件でしょうし、最近はベテラン勢の活躍も目立っています。
ダービーフィズももともとはGⅠレベルの力量を持っていましたし、
ここらで反撃の狼煙を上げても不思議ではありません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。