INDEX    RSS    ADMIN

新種牡馬POG紹介

身内POGの1人と一騎打ちで新種牡馬限定のPOGをやっています。

今回の2016-17シリーズで言うなら、ルーラーシップやキングズベスト、
ディープブリランテ、ストリートセンスらが注目の種牡馬ですね。

6頭指名で種牡馬被りはなしというルールです。

以下が自分の指名馬です。

1位 カラル(ルーラーシップ×ナスカ) 牡
2位 ハイレートクライム(ディープブリランテ×スルーレート) 牡
3位 シルヴァーナ(トーセンホマレボシ×クリンゲンベルガー) 牝
4位 ロジセンス(ストリートセンス×シャレーポピー) 牝
5位 ダブルスプリット(アイルハヴアナザー×ハートノイヤリング) 牡
6位 エンドゲーム(キングズベスト×タイキクラリティ) 牡

☆カラル
父はルーラーシップ。
キングカメハメハの有力後継種牡馬で、まさに今年の目玉です。
ノーザンに寵愛されているので、今後も種付け数はそこまで減らすことなく、
しかも大物も出てくるでしょうね~。
母のナスカの産駒にはアロマティコがいます。
ペルースポートの一族なので、基本的には小回りタイプの産駒に出そうです。
ただ、ルーラーシップは明らかに大箱向きなので、そこがどう噛み合うかが重要ですね。

☆ハイレートクライム
父はディープブリランテ。
ディープインパクト最初のダービー馬でしたね。
ダービー以降は力を出し切れませんでしたが、パワフルな走りが魅力でそこが産駒に伝わるといいですね。
母はスルーレートで、ゼンノロブロイとの産駒に札幌2歳で3着したハイアーレートがいます。
ディープとフレンチデピュティはが好相性なので、ブリランテ×フレンチデピュティも走る可能性はありますね。

☆シルヴァーナ
父はトーセンホマレボシ。
この馬はやはり京都新聞杯でのレコード勝利が素晴らしかったですね。
ディープ産駒の中ではスピードに長けた馬でした。
母はクリンゲンベルガー。
自身に目立った実績はありませんが、しっかりとした牝系なので堅実に走ってくれることに
期待しています。

☆ロジセンス
父はストリートセンスで、母はシャレーポピー。
ロジセンスの指名理由はデビュー前の動きの良さでした。
斜行はありましたが、新馬勝ちしてくれたので良かったですね~。
次走は中京2歳ステークスらしいですが、結構いいメンツが揃いそうです(^^;)

☆ダブルスプリット
父はアイルハヴアナザーで、母はハートノイヤリング。
アイルハヴアナザーは総帥がべた褒めしていましたが、現状苦戦している印象です。
まあ、まだ始まったばかりですからね(´∀`*;)ゞ
この馬もデビュー前の動きが良くて指名。
すでに2戦走っていますが、1400mで4着3着。
1200mで見てみたいと思っていますが、もちろんダート替わりも魅力的ですね。

☆エンドゲーム
父がキングズベスト、母がタイキクラリティ。
兄にクラリティシチー、クラリティスカイがいる血統です。
キングズベストはすでに日本で実績がありますし、期待度は高いですね。
今週の中京芝1600mでデビュー予定です。

まずまずは楽しめそうな6頭となったんじゃないでしょうか~(^^)
スポンサーサイト

POG2016-17指名馬の紹介

身内で参加しているPOGですが、先日指名馬の名前をズラリと紹介しました。
今回はもう少し詳細に見ていきたいと思います!

関西

1位ダブルバインド

トゥザクラウンの外れ1位指名です。
父はディープインパクト、母はラッシュラッシーズ。
オーナーはディープの金子真人さんですね。
金子さんがセールで2億を超える高額馬を競り落としたことでも、この馬の注目度は上がりました。
ちなみにディープは7000万くらいでしたね。

血統はディープ×ガリレオなので、今年の青葉賞を制したヴァンキッシュランと同じ組み合わせです。
馬格は大きくないみたいですが、この配合ならむしろ身のこなしが軽いタイプの方がいいのかもしれません。
目標は青葉賞→ダービー制覇。

2位ヴァナヘイム

父はキングカメハメハ、母はグルヴェイグ。
母の母は名牝、エアグルーヴです。
配合的にはドゥラメンテのほぼ同血で楽しみたっぷり。
最初はいかにも過ぎる血統でパスするつもりでしたが、思った以上に評判がいいので指名に至りました。
一族としてはやや晩成の傾向がありますが、ドゥラメンテのように早くから活躍する馬もいます。
怪物クラスになってくれるといいですね。

3位シロニイ

父はキングカメハメハ、母はシラユキヒメ。
言わずと知れた白毛の一族ですね。
正直、トゥザクラウンが取れなかったことで、キンカメ枠が空いてしまい焦ってシロニイを指名しました。
ただ、この一族は話題以上に実績も確かなのでダート路線での活躍には十分期待できます。
ネタ馬ですがポイントもそれなりに稼いでくれそうです。

4位クレオス

父はダイワメジャー、母はクリアンサス。
クリアンサスは昔POGで指名していたので本当に懐かしいです。
母の母は名馬、フラワーパーク。
血統的にはまず、マイルまででしょうね。
どうやら少し時間が掛かるらしく、年内にデビューできれば万々歳くらいの気持ちで構えています。
ただ、爆発すればメジャーエンブレム級の活躍もありそうで。

5位モシーンの14

父はディープインパクト、母はモシーン。
もちろん、ディープ産駒は他にも選択肢があったのですが、爆発力に期待して指名しました。
モシーンはオーストラリアで活躍した名馬。
某血統評論家の方もこの馬の配合をベタ褒めしていましたし、楽しみしかありません。
まだ馬名も決まっていませんし、出てこれないパターンまで想定はしています(笑)。

関東

1位ヘリファルテ

父はディープインパクト、母はシユーマ。
こちらはサトノアーサーの外れ1位だった気がします。
ただ、堀厩舎×サンデーレーシングで無敵でしょう。
ディープ産駒のヘイロークロス持ちは最近のトレンドなので、それもまた魅力。
普通に1位指名で良かったかもしれません(^o^)

2位レッドヴィクター

父はディープインパクト、母はレジュールダムール。
ヘリファルテと同じくこちらもヘイロークロスのディープ産駒。
東サラの強気な価格設定もちょっと気にしての指名。
最近の情報によると一頓挫あったらしい…。
秋以降の立て直しに期待しています。

3位ヘヴントゥナイト

父はダイワメジャー、母はエアトゥーレ。
エアトゥーレ産駒はPOGでは鉄板ですね。
ダイワメジャーとの産駒なら得意距離はマイルでしょう。
NHKマイル制覇に期待します。

4位ムードメーカー

父はエンパイアメーカー、母はダンスインザムード。
全姉のカイザーバルが走ったので指名しました。
あまりいい情報が入っておらず、正直不安たっぷりです。
いい意味で期待を裏切って欲しいですね。

5位レイデオロ

父はキングカメハメハ、母はラドラーダ。
全姉のティソーナが想像以上に走ったので指名してみました。
ディープの一族で血統面は確かですね。
せめて、ティソーナと同じくらいは走って欲しいなぁと思っています。


私の指名馬はこんなところです。
やはりダブルバインドとヘリファルテのドラフト1位がどれだけ活躍できるかにかかっていると思います。
ガンバレみんな~( ̄^ ̄)ゞ

POG2016-17の紹介!

身内でPOGを始めて今年で3回目。

2014-15シーズンはドゥラメンテの活躍で圧勝でしたが、2015-16シーズンはピリッとせず負けました。

今年は勝ちたいです(^O^)

メンバーは会社の上司が3人(Aさん、Bさん、Cさんとします)、そして自分と、同世代の人が2人(Dさん、Eさん)。

ルールは関東所属馬と関西所属馬をそれぞれ5頭ずつ。
種牡馬はそれぞれ最大2頭まで。
つまり、例えばディープ産駒は最大関東2頭、関西2頭の4頭取ることができます。

方式はドラフトで被った場合は抽選です。

とりあえず自分の獲得馬はこんな感じ。

関東
1位ヘリファルテ
2位レッドヴィクター
3位ヘヴントゥナイト
4位ムードメーカー
5位レイデオロ

関西
1位ダブルバインド
2位ヴァナヘイム
3位シロニイ
4位クレオス
5位モシーンの14

正直、トゥザクラウン取れなかったのは痛いですが、まずまずバランス良く取れた気はしています。

爆弾はやっぱり「モシーンの14」ですよね!
情報が少ないのは懸念材料ですが、それを補ってあまりある血統背景です。

また他の人の指名馬なども、おいおい紹介していきますね(^O^)