INDEX    RSS    ADMIN

七夕賞&プロキオンS雑感

先週は福島でGⅢ七夕賞、中京でGⅢプロキオンステークスが行われました。

七夕賞はゼーヴィント(4歳牡)。
久々の実戦でしたが見事1番人気に応えました。
やはりこのクラスでは力が違いますね。
ディープ×ブライアンズタイムなので成長力にも大きな問題はないはず。
今後はGⅠクラスの一線級と激突してどこまでやれるかでしょう。

プロキオンステークスはキングズガード(6歳牡)。
昨年の3着から見事リベンジに成功しましたね。
元々、力のある馬でしたが6歳にして更に進化、今こそ本格化の時でしょう。
11月の大井で行われるJBCスプリントが最大の目標とのこと。

超簡単に重賞雑感でした。
スポンサーサイト

先週の重賞振り返り(7月2日)

先週の重賞は中京でCBC賞(芝1200m)、福島でラジオNIKKEI賞(芝1800m)。

☆CBC賞

勝ったのはシャイニングレイ(5歳牡)。
前走の安土城Sから短距離路線にシフトして、それが完全にハマりましたね。
約2年の休養もあっただけに、関係者にとってこの重賞勝利には感慨深いものもあるでしょう。
スプリント戦線に新たな主役候補が登場しましたね。

2、3着は先行して粘ったセカンドテーブル(5歳牡)とアクティブミノル(5歳牡)。
馬場と先行策がマッチして高配当を演出する形に。
この2頭が内で粘った中で飛んできたシャイニングレイはやはり強さが光りました。

1番人気のメラグラーナ(5歳牝)は10着。
内枠だと今イチなので、外枠替わりなら見直しが必要でしょう。

☆ラジオNIKKEI賞

勝ったのはセダブリランテス(3歳牡)。
デビューから無傷の3連勝で重賞初制覇となりました。
前年の当レース勝ち馬ゼーヴィントはディープインパクト×ブライアンズタイムでしたが、セダブリランテスはディープブリランテ×ブライアンズタイム。よく似ていますね。
ディープ系×ロベルトはあまりいい配合ではなかったのですが、最近はトレンドにもなりつつあります。

レースではすっと前目に付けて追走。ややエンジンの掛かりに遅さはありますが、加速してからの脚には素晴らしいモノがありました。秋はセントライト記念→菊花賞というローテになるのでしょうか?

2着のウインガナドル(3歳牡)は先行策で粘り込み。得意のパターンで好走しました。
3着はロードリベラル(3歳牡)。東京で惨敗→福島で巻き返しだったように、小回り向きの機動力タイプなのでしょう。叩き2走目でもありましたね。

1番人気のサトノクロニクル(3歳牡)は6着。
鞍上の川田騎手は斤量を嘆いていましたね。やはり57キロはあまり評価ができません。


簡単にですが、以上ですm(_ _)m

久々の更新&宝塚記念振り返り

久しぶりのブログ更新です。

一口馬主、POG、馬券…などもろもろ、書いていこうと思います( ̄^ ̄)ゞ


今日は宝塚記念の振り返り。

まずはキタサンブラック
GⅠ3連戦でしかも天皇賞(春)はレコードのおまけ付き。
見えない疲れがあったのかもしれませんね。
しかも、逃げには出られるは、ペースが緩んだところで突っつかれるは、全く自分の競馬がさせてもらえませんでした。
ケガなどはないようなので、復活の秋に期待しましょう。

勝ったのはサトノクラウン
やはり大舞台でのデムーロ騎手は強いですね!
元々、能力のある馬でしたし、馬場、展開も完璧でした。枠も少頭数の外枠は良かったんじゃないでしょうか。

そして、ゴールドアクター
横山騎手の絶妙な手綱捌きもあり、見事な2着と復活走。
阪神は初登場でしたが、適性はバッチリありそうですね。

シュヴァルグランは意表の逃げ。キレ負けを考慮した上での作戦だったのでしょう。
キタサンブラック同様、天皇賞(春)のダメージも考えられるだけに、ゆっくり休んでからの秋に期待しましょう。

ミッキークイーンは見事な3着。
1番人気で敗れたヴィクトリアマイルから、しっかりと巻き返してきました。
距離や馬場など条件は間違いなく好転していたのでしょう。
ディープ産駒の牝馬は、本当に宝塚記念で絡んできますね。来年以降も忘れずに。

最後にシャケトラ
日経賞を制しているように、能力そのものに疑いはないのですが、GⅠの舞台ではまだまだこれからの馬。
天皇賞(春)、宝塚記念はやや人気が先行してしまいましたね。


さあ、ここからは夏競馬が始まります。
茨の道になりそうですが、なんとか乗り越えましょう!



七夕賞振り返り

7月10日(日)福島競馬場で七夕賞が開催されました。

【結果】
1着 アルバートドック 3人気
2着 ダコール 5人気
3着 オリオンザジャパン 11人気

8着 ルミナスウォリアー 2人気
9着 シャイニープリンス 1人気
10着 ヤマニンボワラクテ 4人気

3連単 96,740円

福島のハンデ重賞らしく好配当が飛び出しましたね~
アルバートドックは4歳となった今年、小倉大賞典に続く重賞2勝目。
躓いた時期もありましたが、見事巻き返してきましたね。
57キロを背負っていたことも考えると、まだまだこれからが楽しみです。

2着のダコールはそれよりも重い58キロを背負っていました。
8歳ということを考えると本当に馬主孝行な馬ですね。
ローカル重賞ではまだ主役を張れる力があります。

オリオンザジャパンは53キロの軽量生かして3着激走。
ダートを走ってきたパワーがここで生きてきたのかもしれません。
そして内田騎手の復調も物語っている気がしています。

1人気のシャイニープリンスや2人気のルミナスウォリアー、4人気のヤマニンボワラクテも
実際大きく実力で差があるというわけではないと思います。
まさにハンデ重賞という結果で、もう一度枠を変えてやると全然違う結果になっても不思議はありません。

七夕賞ということで枠連の「7ー7」が取りざたされるのですが、7枠の2頭は13着、15着と完敗…。

このブログのタイトルから言えば、こういうレースこそ取らないといけないのですが(/∀\*)

プロキオンステークス振り返り

7月10日(日)中京競馬場で開催された「プロキオンステークス」を振り返りましょう。

【結果】
1着 ノボバカラ 1人気
2着 ニシケンモノノフ 3人気
3着 キングズガード 2人気

3連単 4,510円

とりあえず人気通りの決着となり、上位陣が力を出し切った結果となりました。

ノボバカラは好スタートを決めてスッと好位置に。
この時点で勝負ありでした。
得意のパターンに持ち込めれば大崩れはありませんね。

ニシケンモノノフもゲート出は良かったですね。
3~4角の反応はもうひとつに見えましたが、最後の直線はしっかりと伸びました。

キングズガードは連勝の勢いを見せてくれましたね。
ノボバカラには離されたものの、ニシケンモノノフとは力差はそうなさそうです。

4着には7歳のブライトライン、5着には8歳のグレープブランデーが入り、
衰え知らずのベテラン勢も頑張っています。

配当的には堅かったのですが、直線の叩き合いは見所たっぷりでしたね。