INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と出世レースの函館2歳S

毎日暑いですね(*` 艸 ´)


先週注目した函館記念のレッドソロモンは最後方を追走から上がり最速で8着。
ゲートがあまり上手でなくて、競馬にもあまり集中し切れてない印象でした。
いい脚は使えるだけに、中団で競馬ができれば…と思わざるをえません。


さて、今週は中京でGⅢ中京記念、函館でGⅢ函館2歳ステークスが行われますね。

中京記念はさらっと。
伏兵どころで一番気になるのはサンライズメジャー
元々、成績はあまり安定しないタイプ。同型との兼ね合い次第ですが、スロー先行ならなだれ込んでも。


タイトルに挙げた函館2歳ステークスです。

過去5年の出走馬を振り返ってみます。

2012年4着ロゴタイプ→GⅠ皐月賞、安田記念1着
2012年3着ティーハーフ→GⅢ函館スプリントS1着
2013年1着クリスマス→OPUHB賞1着
2014年1着アクティブミノル→GⅡセントウルS1着
2015年1着ブランボヌール→GⅢキーンランドC1着
2016年2着モンドキャンノ→GⅡ京王杯2歳S1着
2016年3着タイムトリップ→OPクロッカスS1着

意外と後の活躍馬が出ています。思った以上です。

函館2歳ステークスの勝ち馬は2003年以降、地方馬を除いて全てが“新馬1着”からのローテーションでの2戦目で制しています(2002年以前は3戦目での勝利も結構います)。
2、3着馬もほとんどが同ローテで、前走未勝利組はかなり苦戦していますね。


個人的には前走未勝利組の馬を本命と考えていただけに、どうしようかと悩まされるデータです…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。