INDEX    RSS    ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“母父サンデー”から“母父サンデー系”の時代へ

こんにちは。

ノルマンディーの“焦らし”に、皆さん耐えてますか~?

シルクは祭りが終わり、キャロットは祭りの真っ最中。
ノルマンディーの募集馬ラインナップは、いつ発表になるんでしょうかね。

ノルマンディーと同じく、比較的安価なラインナップがされているワラウカドへの浮気をする人もいるとかいないとか…。

ノルマンディストに対して、ワラウカドは“ワラウカディスト”(picotさん命名?)


とにかく、何を言っても始まらないので待つしかありませんね…。


さて、本題です。

サイアーとして競馬界の勢力図を変えたサンデーサイレンス
今は母の父(ブルードメアサイアー)としても猛威を振るっています。

ただ、種牡馬としてもそうだったようにいずれは産駒数も減っていくのが世の常。

そうなってくると、やはり“母父サンデー系”の競走も始まるわけです。

簡単に言うと、母父サンデー系では「フジキセキ」「スペシャルウィーク」「ダンスインザダーク」が上位を形勢していまいした。
しかし、そこに近年「アグネスタキオン」が急浮上してきています。

母父アグネスタキオンと上記3頭の大きな違いは、牝馬での結果です。

この4頭の母父としての実績を見ると、獲得賞金上位20頭の中で母父フジキセキは牝馬2頭、母父スペシャルウィークは牝馬5頭、母父ダンスインザダークは牝馬2頭、そして母父アグネスタキオンは牝馬10頭です。

明らかに、母父アグネスタキオンの牝馬の好走確率(という言い方が正しいかは分かりませんが)はグッと上がっています。


とにかく、母父アグネスタキオンは他のサンデー系とは一線を画した存在なのではないかと。


そこでです。

ノルマンディーで募集される可能性のある“母父アグネスタキオン”の牝馬はと言うと…。

サマーセールで落札されたロードカナロア×パッションレッド
落札価格は1300万円。

岡田スタッド生産にも母父アグネスタキオンの牝馬は2頭いましたが、おそらく募集されないと思っています。

パッションレッドの16はそれなりの価格が付けられるでしょうし、何よりロードカナロア産駒ということで人気も出そうです。
出資できるのかは分かりませんが、選択肢からは外せませんね。


とりあえず、ノルマンちゃん早く!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」ラインナップッッッ


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
ポチポチ~♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。